大学の推薦に有利になる実績・日本学生科学賞|知恵袋第92回

大学入試に有利となる競技会やコンテストが多く存在しています。
今回は日本学生科学賞について記載します。

<日本学生科学賞>
・概要
日本国内で最も伝統と権威のある毎年行われている科学コンクールです。『科学の甲子園』とも呼ばれます。研究部門と情報技術部門があります。
千葉大学では上位入賞者が飛び入学制度で高く評価される他、優れた作品を発表した方に対して東京理科大、中央大、慶應義塾大、早稲田大、立命館大などで特別な受験枠が設けられています。

・募集内容
研究論文・記録・標本・装置・図表・映像など理科・科学の研究作品です。

・参加資格
中学・高校の生徒、高等専門学校は3年生までの方が対象です。

・研究部門
物理・科学・生物・地学や、それらの複合的な研究です。優秀作品は中高別に表彰されます。まず地方審査にて各都道府県ごとに約3点ずつ選考されて中央審査へと進みます。
中央審査では予備審査が行われ、各都道府県から集まった150点以上の作品から中高約16点ずつの作品を選考した後に、最終審査が国際展示場や日本科学未来館といった大きな会場で行われます。
研究ごとに発表用のブースがあり、研究者はそこでレポート・グラフ等を掲示して審査員にプレゼンテーションします。

・情報技術部門
事前審査が行われた後に中央予備審査が行われます。中央予備審査で約5点の研究が選出され、最終審査が行われます。研究部門と同様の形式で研究者は審査員にプレゼンテーションします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中