大学の推薦に有利になる実績|知恵袋第90回

趣味や得意な分野を活かして進学できたらと考える人は多いと思います。
特に高校生は音楽、スポーツ、写真、囲碁、将棋、特定の教科など好きなことに思い切り打ち込みたいですよね。現代では課外活動の実績を活かして進学している人もたくさんいらっしゃいます。主に推薦で得意分野をアピールすることができます。

・有資格者推薦
情報処理資格、英検、TOEIC、TOFEL、簿記といった志望学科・学部に関わる資格を持った生徒

・課外特別活動推薦
部活動で優秀な成績を修めた生徒や生徒会活動で優れた活動に関わった生徒

・校外社会活動推薦
ボランティア活動の実績がある生徒

・文化活動推薦
演劇、音楽、芸術など文化的な分野で全国や都道府県規模で入賞した実績のある生徒。学校によっては種目の指定があります。

・スポーツ推薦
スポーツに秀でており、全国大会や県大会で上位に入賞した実績を持つ生徒のための推薦。競技や種目は学校で指定されることがあります。

・一芸一能推薦
生徒自身の持っている特技や個性をアピールします。この推薦が導入された当時は「けん玉日本一」など変わった競技で合格することもありましたが、一芸だけでの合格が不安視されて現在は出願条件に高校時の成績で一定以上の基準値が求められたり、実績や特技を第三者機関に評価してもらったりしているようです。

近年AO入試が多く行われていますが、AO入試にも上記のような推薦の流れを汲んだものがあります。
AO入試は「自己推薦」タイプなので、自己PRが重要視されます。自己PRできるような活動やコンテストへの参加、作品の提出が大事です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中