日本学生支援機構の様々な支援について②|知恵袋第86回

多くの大学生が日本学生支援機構の奨学金制度を利用しています。
日本学生支援機構では奨学金だけでなく、キャリア・就職支援、障害学生支援、学生生活に関する各種調査など様々な支援が行われています。前回に引き続き日本学生支援機構の支援内容について記載します。

<学生生活支援事業>
・学割の配布
平成16年度から文部科学省から「学校学生生徒旅客運賃割引証(学割)」の配付業務が移管されました。

・学生生活調査
大学生の生活費、収入状況、奨学金受給状況等の学生生活状況に関する調査を隔年で実施しています。この調査で得られた結果は大学で必要な費用の目安として参考にされています。次回、調査結果の一部をご紹介します。

・障害のある学生の修学支援に関する実態調査
平成28年4月、障害者差別解消法が施行され、全国の大学等においては、障害学生支援の体制作りが進んでいます。この取り組みの中で障害のある学生の現状と支援の状況を把握するために調査しています。

・大学等における学生支援の取組状況に関する調査
学生支援についてのニーズを把握するために大学、短期大学、高等専門学校における学生支援の取組状況について調査します。

・障害学生支援イベント情報
障害のある学生が充実した大学生活を送るために各種ワークショップ、研修会、セミナー、シンポジウム等を実施し、支援につなげています。今後、各大学等に求められる「合理的配慮」とは、いったいどういった考え方で、どこまでを「合理的」とするか等の問題の検討を含めた対応が求められています。
より多くの大学等の教職員の障害学生支援についての理解を深めていただくため、全国各地域で障害学生支援の充実のためのセミナーを開催しています。

参考サイト:奨学金 – JASSO(http://www.jasso.go.jp/shogakukin/)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中