日本学生支援機構の奨学金の種類について|知恵袋第84回

大学進学時はまとまった金額が必要になります。奨学金制度はたいへん多くの方が利用しています。
中でも旧・日本育英会から事業を引き継いだ日本学生支援機構の奨学金制度を利用する人が多いでしょう。
今回は日本学生支援機構の奨学金の種類について記載します。

・第一種奨学金
無利息です。学校や通学方法によって支給額が決められています。申請には決められた成績の基準と家庭の収入が考慮されて審査されます。
しかし、選抜型のため、基準を満たしていても採用されるわけではありません。さらに私立大学や専門学校の場合は第一種奨学金ですべての金額はまかなえません。

・第二種奨学金
第二種奨学金は奨学金利用者のおよそ7割が利用しています。
第一種奨学金とは違って成績の基準はなく、家庭の収入基準さえ超えていなければ誰でも採用される奨学金制度です。返済する時は利息が加わってしまいますが、上限が3%と決められています。さらに大学に在学している間は利息がつきません。
月に3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から好きな金額を自由に選択できます。

・第一種奨学金と第二種奨学金の併用
第一種と第二種の奨学金両方を同時に借りることができます。
しかし、一番基準が厳しくなっており、学力の基準が第一種と同じで、家庭の収入上限が第一種だけの時よりも低くなります。

・入学時特別増額貸与奨学金
入学した年のみ上限50万円を一時的に借りることができます。利息付きです。
第一種・第二種とは違う家庭の収入基準があります。この奨学金が支給されるのは入学後なので気をつけましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中