受験にかかる費用について2|知恵袋第80回

子供の教育費のうち大学進学にかかる費用は高額で、子ども一人あたりの教育費として、幼稚園から大学まですべて国公立であっても全体のおよそ半分を占めています。
その中の合格後に必要になる入学金や授業料が高額なことはわかっていても、その前の受験のためにかかる費用や受験料自体の費用まで認識されている人は多くないのではないでしょうか。
前回に引き続き、受験にかかる費用について記載します。

・交通費、宿泊費
志望大学が自宅から遠い場所にある場合は、受験のための交通費や宿泊費がかかります。例えば、北海道の自宅から東京の大学を受けるために飛行機で東京に来るとなると、往復で6万円から8万円程度かかります。
また、大阪から新幹線で東京の大学を受験しに来ると、およそ2万円から3万円かかります。
さらに遠方のため宿泊が必要となると、1泊2食付きでおよそ1万円以上かかるでしょう。受験する大学によっては数日間要することがあります。
さらに、保護者が付き添う場合は保護者の交通費・宿泊費がかかります。
受験の時期はホテル側でも『受験パック』といったようなお得なプランがありますが、都心のホテルはすぐに満室になってしまいます。受験の日程が決定したらすぐに予約しておきましょう。

大学進学費用を学資保険で貯めている人もいらっしゃるでしょう。
しかし学資保険の多くは満18歳の誕生日に下りるタイプです。
子供が18歳を早く迎えることが可能なら問題ありませんが、入試が始まる時期や受験料が必要になってくる時期に学資保険が使えるか確認しておきましょう。加入している学資保険を見直しておくと良いでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中