親の心構えについて|知恵袋第70回

受験生である子供以上に親が緊張してしまうということもあると思います。
子供の大切な受験の期間に知っておくべき親の心構えをご紹介します。

・成績に過敏になりすぎない
模試の結果を見て、子供よりも先に落胆してしまう親が毎年たくさんいらっしゃるそうです。
親が期待しすぎるとむしろ子供は本番までに力を出すことができず、思うような結果にならないことがあります。決して指図したり押し付けたりしないで相談相手になるようにします。成績が悪い=努力が足りない、他の子の方が高得点=他の子は頑張っているなどと思わないようにしましょう。立場が上の親に言われたら子供は反論できません。

・立ち位置を確認
受験生の親は子供よりも1歩先を歩き、子供が転ばないように誘導しているといった親子関係がよくあります。そうではなく、親は子供の1歩後ろを歩きながら失敗した時やつまづいてしまった時に手を貸してあげましょう。
受験するのは子供です。親はサポートに徹しましょう。また、子供の意思は尊重しましょう。

・健康管理
受験が終わるまでしっかり健康管理をしてあげましょう。親は平常心で過ごし、しっかり栄養素が摂れる食事、睡眠、家庭内の雰囲気を整えるなど家の中の環境をつくります。免疫機能が上がるように帰宅したら手洗い・うがいも大事です。特に試験の時期はインフルエンザが流行りますので日頃から注意しましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中