受験本番に強くなるには|知恵袋第63回

試験本番に強い人、弱い人がいると思います。
これまでしっかり勉強してきたのに本番で本来の力が出せない…という人もいらっしゃるでしょう。緊張や不安から来るものかもしれませんが、そんな気持ちを吹き飛ばす方法をご紹介します。

そもそも本番に弱い理由は、
・真面目である(日本人だもの)
・ネガティブに考えてしまう(わかります)
・周りの評価を気にし過ぎる(わかります)
・豆腐のようなメンタル、ガラスのハート
・真面目(いいことです)
・完璧主義(他の人よりもプレッシャーがあります)
という性格の問題かもしれません。
この問題を解消するには、下記の方法を参考にしてみてください。

(1)不安を紙に書き出す
紙でなくてもスマホのメモでもOKです。不安な気持ちを紙に書き出してみましょう。不安を客観的に視ることができます。考えて不安になるよりも外に出しましょう。
また、この方法はシカゴ大学の研究によると成績も上がるそうです。
試験問題を解く時に使う「ワーキングメモリ」(読んだばかりの設問を覚えたり、計算途中の式や数字を覚えたりする短期記憶)には限りがあり、試験について不安に思っているとこのメモリが不安な気持ちで一杯になってしまうそうです。紙に書き出して不安も減り、ワーキングメモリが減らずに済むという結果が出ています。

(2)手を温める
手を温めると体温が上がり、リラックス効果が上がります。この方法は不眠症にも効果的です。ストレスがたまると交感神経が働いて緊張している状態が続きますが、逆に副交感神経が働くと、リラックスできます。手を温めることで副交感神経が働き、脳が「リラックス状態だ」と勘違いしてくれます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中