受験の前日にしておくこと|知恵袋第61回

とうとう明日は試験。これまで熱心に勉強してきた人ほど、落ち着かない精神状態だと思います。明日の本番で実力を出し切るために、前日や前日までにしておいた方がよいことをご紹介します。

・試験会場の下見
必ず受験前日までに下見をしておきましょう。どの大学のどのキャンパスから行われ、駅からどれくらい時間がかかるのかなどしっかり調査しておきましょう。時間によっては混雑したり、バスであれば違う場所に行ってしまうかもしれません。
下見をしないで適当に人の流れについて行き、着いたところが自分の試験会場ではなかったということもあるそうです。お金はかかるし面倒かもしれませんが、必ず下見はしておきましょう。

・受験に必要な物は前日にかばんの中へ入れておく
受験票や筆記用具、時計、参考書等、ひざかけ、マスクなど受験に必要な物は前日にバッグにいれておきます。当日昼食を入れるだけにしておくと安心ですね。

・イメージトレーニング
朝起きてから会場に着いて試験問題に奮闘する。試験は難しいでしょうけど、間違っても失敗するイメージはしないでください。
試験会場の下見をしていると、よりイメージしやすいでしょう。

・新しい知識を増やそうとしない
自分が覚えていない英単語など、新しい知識を増やそうとせず、今までの復習に力を入れましょう。新しい知識をムリに頭に入れようとすると不安になってしまいます。

・充分な睡眠を取る
翌日の本番に備えてしっかり睡眠を取っておきましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中