息抜きの心構え|知恵袋第60回

息抜きは、受験を目指して長期間勉強することに必須です。
他の人は頑張っているのに息抜きなんてできない、と思う人もいるでしょう。しかし息抜きには、記憶や考えを整理し、ひらめきを与えてくれる可能性もあります。

息抜きをするにあたって大事なことがいくつかあります。

・休むからには思い切りリフレッシュしましょう。
勉強に飽きてきて5分間息抜きして、5分後にまた勉強して、また飽きて息抜き…といった短い時間のサイクルで息抜きしていても勉強は全く進みません。勉強をする気にならない場合はもう少し長めに40分くらい休憩してしまいましょう。外へ散歩に行くのもよいですし、ジュース等を買ってリフレッシュするのがおすすめです。長い休憩の後はしっかり勉強しましょう!

・勉強のことは忘れる
ずっと机で勉強してきてストレスが溜まっていることでしょう。月1程度で勉強を忘れて楽しむ日を作ると良いです。激しい運動をして体力を消耗するのもいいですね。
丸一日休みたくない、という方は午前中は勉強、午後は遊ぶといったようにしましょう。休憩日を設けるペースも休憩内容も人によって違うので、自分に合った形を模索して身体を休めましょう。

・1日中ペンを持たない
勉強時間は取れば取るほど安心できると思います。実際、コツコツと勉強した時間は裏切らないでしょう。
しかし、一日中ペンを持つのはいけません。いくら勉強しようとしても集中力が続くことはありません。
集中することは体力にも精神にも負担がかかります。

勉強と息抜きは表裏一体ともいえます。息抜きも意識して行いましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中