寮生活あるある|知恵袋第56回

受験で合格が決まったら新生活の準備をします。遠方の大学を受験した人は、慣れ親しんだ地元を離れて一人暮らしをする人も多いでしょう。寮生活になる人もいらっしゃるかもしれません。
大学によっても様々な寮があると思いますが、基本的な寮生活の良い意見と悪い意見について記載します。

<良い意見>
・同じ寮に住んでいる先輩、他学部の子や留学生などいろんな人と仲良くなれる
・親の経済的な負担が少なめ
・一人暮らしではないので防犯上安全である
・集団生活ができるようになる
・家族のように助け合い、毎日が修学旅行のようにわいわい楽しく過ごせる
・コミュニケーション力や協調性がつくので就職にも有利
・食事付きの場合もあるし、何かと家事をしなくて済む
・大学までの距離が近い

<悪い意見>
・相部屋の場合、プライバシーがない。一人になれない
・相部屋の場合、同居人を選べない
・部外者の連れ込みに規制があるかもしれない(女子寮なら男子禁制など)
・消灯時間や起床時間、門限が決められている場合がある
・掃除当番などがある
・疲れる集団生活、嫌になる人間関係、モラルの低さを思い知らされる
・うるさい、勉強に集中できないかもしれない
・先輩との付き合い方がむずかしい
・行事への強制参加

大学での学生寮に入れる機会は大学の時にしか体験できません。寮に向いている人、向いていない人もいると思いますが、何事も経験ですので、一度寮に入ってみるのも良いかもしれません。楽しい大学生活を!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中