入学したくなっちゃう学食|知恵袋第31回

最近の学食は進化しています。学食といえば、リーズナブルな値段でおいしい食事を提供してくれる場です。育ち盛りの生徒が利用することからボリューム満点な定食や丼物のイメージがありましたが、健康に配慮されてきているようです。

実家を離れて大学に通う生徒もいると思いますが、一人暮らしではどうしても野菜不足になってしまうことがありますよね。また、朝ごはんを食べなくなってしまうかもしれません。

そういった場合のために、100円で朝定食を提供したり、たくさんの野菜が摂れるサラダバーを提供している大学もあります。

 

学食の多くはセルフサービス方式です。食券を購入後に注文する方式、カウンターで料理をよそってもらった後にレジで精算するカフェテリア式等が多く見られます。ランチの時間以外も開いている学食もありますので、友人との待ち合わせに使う生徒も多数見かけます。

大学によっては複数の学食があるところもあります。レストラン、中華料理、ハンバーガーショップ、蕎麦屋などがある大学もあります。オープンキャンパスの時にチェックしたいですね。

 

大学生は時間割が一人一人違うケースがほとんどです。1人での利用は珍しくありません。また、一般客に開放している学食も多いので、保護者も会社員ももちろん利用できます。学食は通常のレストランよりも安いことが多いのでリーズナブルに栄養バランスも良いおいしいものが楽しめます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中