質の良い睡眠を取る2|知恵袋第26回

受験生は、受験勉強のためにも質の良い睡眠を取ることが大事です。

しかし睡眠を取るといっても

睡眠時間が短いと身体も脳も休めず、睡眠の効果が感じられません。

若い時なら睡眠時間を多く取らなくても体力がありますから、ある程度はなんとかなります。しかし、それでも体力は消費されていますので、十分に活動させるには毎日睡眠時間をしっかり取りましょう。

睡眠時間が十分でないと暗記力・記憶力も下がってしまいます。当然勉強の効率も下がります。

 

睡眠時間はどのくらいが良いのかといいますと、理想は7時間といわれています。

これは受験生に限らず、サラリーマンも同じです。

疲労回復はもちろんですが、記憶を整理するという意味でも7時間寝るのがベストです。せっかく勉強しても記憶が整理されないと学習も定着しません。

眠ることでストレス解消にもなりますので、受験前は特に7時間の睡眠を取ると良い状態で受験に臨むことができます。

 

また、22時~2時の時間帯に寝ると健康な身体が作られるといわれています。

この時間帯に身体の修復作業が行われるそうです。

22時~2時の時間帯に寝ることはむずかしいかもしれませんが、できるだけこの時間帯を睡眠時間にあてて、早めに起きて朝に勉強するのも良いかもしれませんね。

 

昼寝をすることもおすすめです。

昼寝をすると午前中のストレスを解消させ、さらに午後の勉強中に眠くならないようになります。昼に20分寝ることは、夜の1時間分の睡眠に匹敵するそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中