予備校と塾の違い・塾について|知恵袋第14回

大学受験に向けて塾や予備校を探している人は多いと思います。

塾に通う人・予備校に通う人がいますが、塾と予備校の違いをご存じでしょうか。

「自分は塾に行こうと思っているけど、友達はみんな予備校だから不安」と思う人もいるかもしれません。

しかし、塾が合う人もいれば、予備校が合う人もいるのです。

まずは塾の特徴をそれぞれご紹介します。

 

<塾>

・指導対象が基本的に小・中学生である

・宿題や課題がある

・補修が無料で受けられる機会が多い

・先生と生徒の距離が近いので質問しやすい

・集団授業であったり個別授業であったりする

・基礎学力を身につけることができる

 

塾の魅力は上記にも挙げましたが、補修が無料で受けられる機会が多いことです。補修を積極的に行っている塾にはどんどん参加しましょう。もし補修をあまり行わない塾でも先生との距離が近いので質問しやすい環境であると思います。

少人数で授業を行う塾では、宿題や課題をしっかりやっているか先生が管理してくれる場合もあります。

欠点は1つの塾ですべての科目を教えてくれる先生がほとんどいないため対応できない科目もあるということです。

 

「基礎学力がついていない人」「課題が出ないとできない人」「理解力が乏しく、何度も説明が聞きたい人」は塾・予備校を選ぶ時に塾が合っているでしょう。

各授業で課題が出ることもありますし、先生との距離も近いためコミュニケーションが取りやすいです。個別指導ならなおさら自分に合わせてもらえますので、基礎から学び直したい人には塾がピッタリです。

医学部進学をお考えの方はこちらの塾がおすすめです。http://jpedforum.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中